誰でも気軽にプロ仕様の完成品を得られるのが魅力

フライヤーは外注で印刷

印刷機

納品をコントロールしやすいメリット

外注によってフライヤー印刷をするメリットとして納期をコントロールしやすいことがよく知られています。フライヤー印刷では数万部といった単位での印刷をすることも多く、納期が早ければ良いとは一概に言えないのが特徴です。必要なタイミングよりも前に納品されてしまうと保管が困難になるデメリットがあるからです。社内でフライヤー印刷をする場合には他の業務に支障がないように、空き時間を狙って印刷しなければならないでしょう。そのため、必要なときよりもかなり前に印刷を終えて保管しなければならないのが一般的です。しかし、外注でフライヤー印刷をすれば納期をきっちりと決めることができます。業者によっては納品日だけでなく時刻まで指定して納品してもらうことが可能です。また、さらに柔軟な対応をしている業者では印刷を終えたフライヤーを別の業者に納品してもらう形にすることもできます。印刷したフライヤーを他の業者に渡してビラ配りをしたり、新聞の折り込み広告にしたりすることも多いでしょう。その際に自社で引き取って発送するといったプロセスを経ることなく、ビラ配りや新聞の業者に直送してもらえるのです。このようにすると保管コストがかからないだけでなく、受け渡しに関わる労力も送料も削減できます。納期も納品の仕方もコントロールして社内の負担もコストも削減できるのは外注で印刷するメリットです。特に社内で印刷しなければならない理由がないなら外注を検討しましょう。