誰でも気軽にプロ仕様の完成品を得られるのが魅力

データ入稿で印刷

印刷機

印刷サービスの入稿から納品の仕組み

印刷業者によるサービスは入稿を受け付けて印刷物を納品するのが基本的な仕組みです。フライヤー印刷ではスピーディーな対応を重視している業者が多く、取引に手間がかからない仕組みに仕上げてある傾向があります。クオリティー重視の印刷業者では入稿前に綿密な打ち合わせをしてデザインにまで気を払ってくれることもありますが、フライヤー印刷の場合には直接入稿を受け付けて印刷へという流れになっているのが一般的です。フライヤーは必要部数がタイムリーに手に入ることを最も重視しているケースが多いからです。打ち合わせに時間がかかってしまって印刷が間に合わないようなことになっては元も子もありません。その不安を抱かれないようにするために、すぐに見積もりと入稿の手続きを進めて期日までに納品する段取りを整えています。ただ、フライヤー印刷の納期は必ずしも短いわけではなく、数日かかってしまうケースもあります。印刷機の都合で対応しきれないこともあるからです。業者によってこの際の対応には違いがありますが、さらに業務委託で外注をして対応してくれることもあるので相談してみる価値はあるでしょう。納品日の提案を受けたときに交渉すれば、費用は少し余計にかかったとしても納期に間に合わせられる形で手配をしてくれるのが通例です。データ入稿を基本としているのでスムーズに印刷、納品という流れで進められるようになっているので、フライヤー印刷ではデータの準備が肝心です。